読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内政治の教科書

読んだ本 「課長」から始める 社内政治の教科書 作者: 高城幸司 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2014/10/31 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る 購入動機 ・今までのやり方を変えていくような仕事をする機会が増…

トヨタの強さの秘密

読んだ本 トヨタの強さの秘密 日本人の知らない日本最大のグローバル企業 (講談社現代新書) 作者: 酒井崇男 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/03/16 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る 購入動機 ・特にトヨタが好きとか車に魅力を感じ…

早く正しく決める技術

読んだ本 早く正しく決める技術 作者: 出口治明 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 2014/06/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 購入動機 ・ライフネット生命の考え方そのものに共感するところがあり、以前から出口さんには興味をもっ…

すりへらない心をつくるシンプルな習慣

自分の仕事柄、新入社員と接する機会がたくさんあり、心が疲れたり傷ついたりしてしまっている社員と対応することも多い。特に今年はそんな一年でした。。 そんな出来事に直面して色々と自分なりに勉強しましたが、最近の若者が決して「弱い」とか「甘い」わ…

ネット帝国主義と日本の敗北

最近、たかじんのそこまでいって委員会をはじめ、様々なメディアによく出ている官僚出身の岸博幸氏。さすが官僚出身というだけあって、官僚組織の裏の裏まで知っていて、なおかつ話も明瞭で短くまとまっており非常に説得力があります。そんな岸博幸氏が本を…

16歳の教科書

情熱大陸を見て買った「16才の教科書」。ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~各方面の著名な先生方が受験勉強前の高校生に対して「なぜ学ぶのか」「何のために学ぶのか」という視点で講義してくれるといった内容になってます。すで…

ワーキングプア

たまたま本屋さんで手にとったワーキングプア関連の本。ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る (宝島社新書)数々のデータやインタビューを元に、ワーキングプアの現状を伝えています。三年前に書かれた本ですが、現状は不景気の影響もあってよ…

幸運はチャンスと準備の交差点

成功のコンセプト (幻冬舎文庫)三木谷 浩史幻冬舎 ( 2009-12 )ISBN: 9784344414006おすすめ度:Book of the Dayで詳細を見るMediaMarker正直、僕は楽天市場というサイトはあまり好きではありませんでした。いろんな店がごちゃごちゃと集まっているイメージで…

ユニーククロージングウェアハウス

ユニクロ。家の近くにもありますが、週末は驚くほどの混雑ぶりです。ブームになった頃はちょっとダサいイメージがあって、ユニクロのタグを切ってる人もいるくらいでしたが、今となっては完全にポジションを得たといった感じがします。個人的にも、セーター…

ただより安いモノはない

今週読んだ中でのオススメはこれ。Googleの正体 (マイコミ新書) 作者: 牧野武文 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ 発売日: 2010/01/23 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 94回 この商品を含むブログ (25件) を見るGoogleはなぜいろいろなサービ…

働く理由

最近、身近な人が転職を考えていたり、採用活動がいよいよ始まる関係で、「仕事」というものを見つめる機会が多くなりました。そんな中で見つけた本。働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。戸田 智弘ディスカヴァー・トゥエンティワン ( 2007-07-12 )ISBN: 9784…

読書記録0112-0116

滋賀から通勤するようになり早1年が経ちます。鞄の中には重いですが資格本と小説とビジネス本の常に3種類の本を入れて、気分に合わせて読むようにしてます。今週の読了は以下の4冊。どれもクォリティ高めでした。チャイルド44 <上巻>トム・ロブ スミス新…

はたらく、ということ。

はたらきたい。ほぼ日刊イトイ新聞 糸井重里 東京糸井重里事務所 2008-03-18売り上げランキング : 199Amazonで詳しく見る by G-Tools3~4月は100人近い就職活動中の学生さんとお話ししたり、自分の業務が大きく変わったり、身近な先輩が転職をしてしまっ…

きよしこ

素晴らしい作品に出会いました。吃音症のきよし少年が、転校を繰り返しながらもその時々で様々な経験をしながら成長していく物語。少年を通じて、「人間」や「心」というものがリアルに、そしてダイレクトに響いてきます。心の奥底で共感できる何かがありま…

何のために生きるのか。

読もう読もうと思いながらも、これまで手をつけたことがなかった京セラ創業者稲盛氏の著書。たまたま実家に転がっていたのを見つけて読んでみました。 仏教の教えをもとにした、「人は何のために生きるのか」という稲盛氏の考え。共感できるかできないかはさ…

地頭力

新年の目標には書きそびれましたが、今年こそは読んだ本をしっかりとメモしていきたいと思ってます。仕事でも資格勉強でもそうですが、「アウトプット」は大事。ただ本を読んで終わり、じゃなくてそれを簡単にでもまとめることで定着→行動へ転化させていきた…

夢をかなえるゾウ

ここ最近、何かとお金について考える機会が多くて、ついにお金の勉強を始めました。とりあえず目指すはAFP(FP2級合格とAFP研修受講が必要)。ファイナンシャルプランナーというやつです。もともと趣味で調べていた生保とか損保、年金といった分野…

働きマン

先週末は博多に行ってきました。仕事では初上陸だったのですが、うまいもん食えて、中洲も楽しめて、2日目には九州にいる同期とも会えて最高の出張になりました。21時16分新大阪行の最終新幹線に乗ったのですが、そっからが危機一髪。新大阪から京都行…

考え抜く技術。

本日紹介する本はコチラ。世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく作者: 渡辺健介出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2007/06/29メディア: 単行本購入: 26人 クリック: 138回この商品を含むブログ (209件) を見る世界的な経営コ…

すべては一杯のコーヒーから

タリーズコーヒー。京都ではわずか4店しかありませんが、そのうちのひとつ、三条店は大学時代のバイト先に程近い御幸町通りにあったということもあり、友人とよく行っていた思い出深い場所でもあります。店員さんの愛想はいいし、アイスのトッピングとかも…

マイクロソフトがヤフーを欲しいわけ

ゴールデンウィーク真っ盛りの中、「米マイクロソフトがヤフーを買収か」という記事がニューヨークポストより出ました。結果的にはヤフーが拒否する形で決裂したような感じで話はおさまってますが、「マイクロソフトがヤフーを欲しかった」というのは紛れも…

世界最高といわれるサービス

一度は泊まってみたいと思わせるホテル、リッツカールトン。 大阪が東京に勝っている数少ないひとつがリッツカールトンが大阪にしかないこと、とまで言われていました。そんなリッツカールトンもとうとう東京に進出。 つい先日できた東京ミッドタウンにリッ…

寝食忘れる。

またまた少しごぶさたです。 生活リズムがすっかり変わり、ブログに向かう時間をなかなか作り出せずにおります。 縁もゆかりもない静岡に2年間暮らすことで、本を読む頻度が増えました。その習慣は京都に戻っても変わることなく、通勤時間が長くなってむしろ…

動じない心

松井秀喜。 ぼくの尊敬する人物の一人です。 星稜高校時代からのファンでもあるので彼の書籍はほぼすべて読破しましたが、最近出たこの本は別格です。ファンだけでなく、自分を磨くすべての人に読んで欲しい本です。 おもしろかった点は大きく分けて2つ。 …

伊勢丹

デパート。 昔も今も変わらぬ幸せな響き。休みの日にデパートに行くってことそのものがなんだか平和な気がします。 そんなデパートの中でもやはり別格に思うのが伊勢丹。京都駅ビルで大成功をおさめたという地元びいき的な先入観もありますが、 新宿伊勢丹、…

不思議な話

最近は人事の課題レポートや年度末の駆け込み構築、そしていよいよあと一ヶ月に迫った転勤に備えての引き継ぎなどバタバタドタバタしております。 本のペースは少し落ちますが、今回読んだのはこちら。今回は小説です。 となり町戦争 (集英社文庫) 作者: 三…

今日のおすすめは自分の小さな「箱」から脱出する方法 アービンジャー インスティチュート 金森 重樹 冨永 星 おすすめ平均 自分を正当化してしまうメカニズム 箱 買って損なし!おすすめ!! なるほど。 読みかえしたい本 Amazonで詳しく見るbyG-Tools名前…

スタバとマクド

スタバとマクド。この一見対極にも見える組み合わせが実は成り立ちや理念といったものが非常によく似てる。 マクドへの目線が180度変わった本がこれ。非常に売れているそうですが、おすすめです。成功はゴミ箱の中に―レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を…

王道

今回紹介するのはD・カーネギーの「人を動かす」。説明不要の名著です。まさに自己啓発書の王道。その言葉どおりの内容。これで1500円は安すぎる買い物。5万円以上の価値があるのは間違いない。人を動かす 新装版 デール カーネギー 山口 博 おすすめ平均 …

甘くてすっぱい青春時代

今日のおすすめはこれ。おっぱいバレー水野 宗徳 おすすめ平均 ノベライズ本のような青春小説ちょっと考えて欲しいオーパイ!オーパイ!オーパイ!の威力素直に、感動しました。逃げない青春小説の誕生Amazonで詳しく見る by G-Tools書くのも恥ずかしくなる…

ドラッカーを読んでみた。Part2

今日もドラッカーの本から気にいった言葉を。今回は第2章「成果能力」という章からのピックアップです。「成果をあげる者は、社会にとって不可欠な存在である。同時に、成果をあげることは、新入社員であろうと中堅社員であろうと、本人にとって自己実現の前…

ドラッカーを読んでみた。

最近は「絶対○○できる方法」とか「△△力をつける」とか俗にいう攻略本的な自己啓発本ばかりに手がいっていたので、これからは哲学系を制覇していきたいと思ってます。こういう本(哲学)のいいところは筆者の言葉を自分の状況に置き換えて、自分はどうなのか…

プロフェッショナルの言葉

今日紹介するのはこの本。 プロ論。2 作者: B-ing編集部 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2005/12/16 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 28回 この商品を含むブログ (43件) を見る 前回のプロ論が非常に自分のモチベーションアップにつながったので、…

株の原則

本日紹介の書籍はコチラ。 株の原則 (光文社知恵の森文庫) 作者: 邱永漢 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2016/10/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 世の中には株の本が数多ある。絶対儲かるとか、私はこうして稼いだとか、攻略本が多い中…

若者はなぜ・・

もうすぐ転勤を控え、今後についても何かと考える時期。 転勤族という自分の運命を踏まえて今後どのような人生にしていくのかを思案しているところです。 そんなおり、ふと京都駅の本屋で手に取った本がこちら。 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う…

理性と感情

山田ズーニー。 この方は元々ベネッセで進研ゼミの小論文編集長をされ、現在はその経験をもとに文章の書き方やコミュニケーションについて非常に面白い本を書かれている。 ほぼ日刊イトイ新聞のコラムに連載されていることの方がもしかすると有名かもしれな…

本を読むこと

もともとはいろんなところ行ったり、体動かしたり、買い物したり、、いろんな趣味があった。 でも、去年から浜松という場所に来て、周りに会社の人以外で知っている人がいない状態だったり、今まで買い物をしていたような店がなかったり、やっていたホッケー…

仕事筋の鍛え方

今日は本の紹介です。タイトルはずばり「20代仕事筋の鍛え方」 20代 仕事筋の鍛え方 作者: 山本真司 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2012/09/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る この本は自己啓発ビジネス本コレクターのぼくも唸…

今日は給料日

■ [MLB] 松井秀喜とビートたけし!? 今日は松井秀喜とビートたけしの対談の本を買った。 『野球小僧』 ビートたけし×松井秀喜 作者: ビートたけし,松井秀喜 出版社/メーカー: ぴあ 発売日: 2004/08/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (10件) を見る …