働きマン

先週末は博多に行ってきました。

仕事では初上陸だったのですが、うまいもん食えて、中洲も楽しめて、2日目には九州にいる同期とも会えて最高の出張になりました。

21時16分新大阪行の最終新幹線に乗ったのですが、そっからが危機一髪。

新大阪から京都行きが軒並み1時間弱遅れ。

ほんとにラッキーなことに、たまたま遅れて入ってきた新快速に飛び乗り事なきを得ました。

久々に同期のメンバーと飲んで、今の仕事のこともいろいろと考えました。

やりがいとか、今の仕事が異動前に比べてどうなんだろなぁとか。

前の職場で同じ職種をして、今はそれぞれ違うフィールドでがんばってるメンバーだったのでいろいろとそんなことを思ったわけです。

そんな週末に出会ったのがこの漫画。

ドラマ化されてるので少しミーハーな感は否めませんが、ついつい手にとってしまいました。

働きマン コミック 1-4巻セット (モーニングKC)

働きマン コミック 1-4巻セット (モーニングKC)

 

 なかなか元気が出ます、これ。下手なビジネス本読むよりはよほどええことが詰まってます。

第1巻より印象に残ってるところを。

なんかな―

こんなふうに後悔すんならもっとちゃんとやっときゃよかったな

俺はなんであんなに考え込んでたんだろう

「この仕事のどこが好きか」なんて考えてるヒマがあったらどんどんやりゃよかったよ

今になってやっても遅えよ

「後悔する」ようなやり方をしてたことに激しく後悔する

俺はいつからこうなったんだろう

やりたいことをやれないとわかった時からだろうか