京都スーツ 〜ONLY〜

スーツが足りない!?

7月まではデスクワークで数字と資料をにらめっこが中心だったので夏はポロシャツ、冬でもジャケパン程度の装いでした。(最近ではTシャツも増えましたが、昭和世代としてはなかなかそこまでは踏み込めず・・)

7月からは、会社の顔としてお客様に接する仕事になったので、特に大事な場ではスーツが必須になりました。

スーツといえば・・九州で初めて営業をした7年前に買った吊るしのスーツが最新のものでしょうか。(大阪に引っ越す際に間違って捨てた礼服の買い直しを除く・・)

もう一つ、おそらく10年以上前に買ったものの2着のみ。

オーダーに再々チャレンジ

さすがにそれなりの年齢になってきたし、立場もできてきたのもあって「オーダー」というやつに手を出してみようと思い立ちました。

オーダーといえば、入社祝いでスーツを買ってあげるということで、友達に紹介してもらった怪しげ?な出張オーダーのスーツ屋さんで買ってほとんど着なかったという思い出と

九州でチェーンのオーダー屋さんで買ったスーツが、全然違うサイズで仕上がってきてやり直したり、そしてできたスーツが思いの外に青くて「U字工事」みたいになったりしてこれまた早々に捨てたという思い出の苦いものしかなく・・

結局のところ、スーツカンパニーやスーパースーツストアといった「今風」のスーツに身体を合わせて着たほうがいいよね、と自分の中では結論づけていました。

ただ、最近またオーダーブームが来ているのか、パターンオーダーなど、どこもが力をいれて取り組んでいる様子。。

自分は比較的細い割には、肩と太ももは太い、腕や足が短いという非・標準体型ということでやっぱりオーダーは気になる。。最後のチャレンジをしてみようと奮い立ちます。

ONLY

それなりの年齢ということで、今回はもう少し予算を上げて考えてみます。麻布テーラーなど色々とネットを見てみましたが、その中で興味をもったのが「ONLY」。

京都発祥のスーツ屋さんで、昔からあるお店。以前はあまり店舗がなかった記憶ですが今は東京や梅田などにも店舗展開があるようで。

京都に行く機会があったので本店で見るのもいいなと思いつつ、引取や今後のことを考えて、通勤にも便利なルクアイーレのONLYに行ってみることにします。

同じ梅田のスーツカンパニーなんかと比べてしまうと、こじんまりとした店舗。

来店予約もしていたので、すぐに対応していただけます。吊るしもあるということでしたが、やはりまずはオーダーで相談してみることに。

今回は紺と決めていたので、紺を中心に生地カタログに目を通します。
その中でもひときわ目を惹いた生地。シンプルながらも光沢と織りが程よく上質で色もいい感じ。

目を留めていると、店員さんが「この生地での吊るしが少しだけ在庫限りでバックにあるので、もしサイズが合うならお得ですよ」とアドバイス

オーダーなら8万くらいかかるものが5万くらいで、且つベストまで付いてくるという魅力的な提案です。

腕を通してみるとイケる。パンツも履けたら・・!とドキドキしながら履いてみるとジャストサイズ。ただ、ほんとにピッタリでおそらく満腹食べたら厳しいだろうということで少しだけウエストを出してもらうことに。

そして浮いた費用で2パンツにしていただくことに。こちらの生地はオーダーの生地でもあるので、同じサイズでパンツだけオーダーをするという形になります。

背広より断然、パンツが先に痛むのでパンツを交互に履くことでスーツとしての寿命を長くするというやつです。

せっかくのオーダーなのでということで、いろんなシルエットを試させていただきます。色んなものを試しつつも、結果的には同じ型で作ってもらいます。(気に入らずに1つに集中しちゃうと本末転倒なので・・)

でもせっかくならばということで、裾の仕上げだけはダブルとシングルで分けてみました。

最高のホスピタリティ

そんなこんなで1時間以上は滞在したでしょうか。店員さんがほんとに丁寧で、豊富な知識から的確なアドバイスを頂けます。

他のチェーン店だと人によって知識も裾上げの取り方やコミュニケーション力も全然違うので、このあたりの安定感がありがたいです。

高級店なら当然かもですが、チェーン店の1.5倍くらいの価格帯。且つ日本工場での縫製で、生地も上質ということで文句なし。

受け取る際のホスピタリティも抜群で、よくもまぁ1ヶ月も開いていたのに客のこと覚えてくれてるもんだと感心しまくりです。

やはりスーツを着ると気持ちもパリッと背筋も伸びる感じがしてあらためていいもんだと思います。ジャケパンやシャツなんかにもこちらのお店で是非チャレンジしたいと思います。