ダウン!

社会人初ダウン、、

はい、実家から帰ってきたその日の夜から身体が重い、火曜日は無理して会社に行き、必死で汗をかいて寝たらなんとか本日水曜日は快調。。

でもっ!今日はお客さん(トップクラスの方×2名)の前で2時間ものプレゼンがあり、矢のように飛んでくる質問にまだ少ない引き出しからせっせと答えて乗り切った。

その後、お客様のサーバルーム(もちろんパソコンのための部屋だから人間には寒すぎる温度・・)で2時間ほど次回更改するシステムの最終点検。

そしたら来ました。悪寒が来ました。

帰りのバスは県内有数の有名病院を通るのでその有名病院前に飛び降りた。

5時で通常受付は終了のため、救急受付へ。そこで熱を測るとなんと9度2分。。もっとしんどかった昨日は間違いなく40度近くはあったと思う。

しかし、大病院の時間外ということでそこは若いお方ばかり。ぼくを診てくれたのも研修医と実習生という名札をつけた方たちでした。

別にそれが悪いと言いません。逆に研修医の方が基本が忠実だったり、また風邪くらいだったら実習生が横でメモをとってくれてても、別に「まぁ勉強して、良い医者になってくれよ」なんて親心めいたものが出てくる訳です。

そんな温かい気持ちもつかの間、研修医が発したタメ口に切れそうになった。医者と患者の関係には普段から疑問を感じるので医者に敬語、患者にタメグチという構図はおかしいと思うのでせめてもの抵抗でぼくもタメグチで話していると、

「薬はやっぱり飯の後の方がええ?」(ぼく)
「うん、メシの後でお願いします」(医者)

・・・・・

そりゃあないでしょ。

また、ぼくが診てもらっていた診療場所を使いたがっていた先輩医師が来たときに、「一瞬で終わりますから・・」とそんな一言が発せられた。

唖然。

また、診療が終わった後の一言が「看護婦が呼ぶと思いますので待っててください」
えっ?

少なくとも医療の現場にいるあんたが看護婦という言い方はないでしょと思った。間違いなく、2,3年の研修医よりも看護師さんの方が病院のことも病気のことも理解していると思う。

少なくとも、患者さんに対する接し方については看護師さんの方がプロなわけで、その存在を蔑むようなものの言い方をすることには一番腹が立った。

グチっぽいことを言いますが、何が残念だったかって、その病院は全国のランキングなんかにも載っている病院な訳なんです。

電子カルテを導入していたって、PETがあったって、結局、人に対する接し方がその人の印象のすべてになる。そんな基本的なことを学べた日だった。

会社の看板を背負っていたって、結局は自分。

会社の名前じゃなくて、○○さんなら安心するという言葉を頂くためにがんばっていこうと心に決めた日でした。

あっ、ちなみに風邪はウイルス性のもので、あと2,3日は安静とのことです。

がんばって治します。。

広告を非表示にする