読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブレない名機

Everyday

娘が記念すべきはじめの一歩を踏み出したのをきっかけに、ついに我が家もビデオカメラを購入!

買ったのはSONYの

PJ760V


民生機初の空間光学手ぶれ補正という機能の物凄さに惚れ込んで前々から、ビデオを買うならコレ!と決めてました。

※きっかけとなったのはこの動画。


当初は13万ほどだった本機も発売して3ヶ月が経ち、
約8万ほどと価格もだいぶこなれてきてたことと
もうすぐ夏のボーナスが迫っていることも後押しになりました。

近所の量販店は未だに13万円なので、購入はネット一択となるわけですが、
同じネットでも選択肢はいろいろ。
クレジット使えない店を除くと、

A.最安のECカレント(8.4万)
B.信頼のAmazon(8.9万)
C.さらに信頼の量販店(ポイント換算で8.9万)のネットショップ

これまで、
「どうせ修理はメーカーサポートだからネットショップはある程度の信頼さえあればOK」なんて思ってました。
が、
前回、カメラを買った際に初期不良を掴んでしまったことがあり、
その際にキタムラネットショップで買っていたために簡単に近くの店頭で交換できた経験から
やはり「店頭で対応ができること」というのを最優先に、Cの選択肢で購入を決めました。

カメラはバッテリーやレンズプロテクターなどオプションで買うものが多いので
ポイント換算でもアリというのも大きな理由になりました。

5年保証をつけるかどうかは散々悩みましたが、
結局これまで何度かつけたことがあるものの、
4年目に壊れたら結局買い換えをしていたり、そもそも壊れるときはすべて1年以内だったということで、まぁ壊れたら運が悪いだけと割りきって非加入でいくことに。
店がこれだけオススメするということはきっと、多くの場合は損をするサービスなんだと自分に言い聞かせ・・

そんなこんなで決心して購入。
予定通り、翌日の午前には手元に。

DVビデオカメラ→コンデジのハイビジョン動画と渡り歩いてきましたが、
こちらはまさに別格のデキ。

餅は餅屋とは良く言ったものです。
・音(声の感度、ズーム音を拾わないなど)
・画質(同じHVでも別格。)
・手ぶれ補正(別世界。)

全てにおいてパーフェクトでした。

想定外に良かったのがプロジェクター。
ビデオにプロジェクターなんてついてたって・・なんて心の隅で思っていましたが
まさかこんなにも大きくキレイに映るとは。

HDMI端子がついていたって、テレビにSDカードリーダーがついていたって
結局のところなかなか撮った動画を見るなんてことはしないわけです。
(そう思って買ったこれまでの数々の品がそれを証明しています・・)

それが・・
ボタンひとつで天井や壁に映すと家族みんなで見れるなんてことが
ほんとに簡単にできるわけです。
あんな使い方やこんな使い方も色々。(詳細は⇒コチラ http://www.sony.jp/handycam/pj/theater/ )

液晶テレビやPCはコモディティ化が進んでいて
韓国等のメーカーに完全にやられていますが
「ハンディカム」においては、おそらく1周以上差をつけてソニーが独走してるんじゃないでしょうか。

今年買って良かったランキングに早くも首位が確定しそうな
名機の予感。

これから先、家族の様々な出来事をこのビデオとともに
歩んでいこうと思います。

広告を非表示にする