雲上の履き心地


二年ほど前に買った通勤靴たちがここ最近、急激に傷んできました。

毎週手入れして、3日に一回のペースを忠実に守りながら五年履いているリーガルの靴も流石に痛みが隠せず、相次いで靴を買い替えてます。

ひとまず買ったのがリーガル。
五年履いても今ある靴で1番キレイにキープできている実績を買いました。

しかし、最近の流れに合わせてか、リーガルも先が尖った形になっていて、履き始めるとこれが合わない。
甲高の自分には高さがキツく、素材も硬いのでなかなかなじまない。

そんな中、買ったのが雑誌に載っていたクラークスのシューズ。
ゴヤバンドというモデルです。

つい先日買ったクラークスのカジュアルシューズを気に行っていたのもあって目に止まりました。

クラークスにビジネスのイメージはなかった訳ですが、これがなかなかにカッコイイ。そして、何と言っても安い。

思い立ったが吉日ということで、向かったのは京都のクラークスショップ。

履いてみると雲上の履き心地。軽くてソールも柔らかくてフィット感あり。
即買いしました。

この靴を買ってからというもの、大阪駅からオフィスまで環状線ふた駅分の距離を歩く回数がめっきり増えました。

軽く、底が柔らかく、かといって安っぽくない。
靴のローテをこの靴で揃えたい。。

そこまでの気持ちにさせてくれる「ええもん」です。

広告を非表示にする