至高のコンデジ リターンズ(人生6代目サイバーショット)

さよなら玄人カメラ。

フルサイズ一眼の導入に伴って、コンデジを買い換えたのはつい半年前の話。

過去記事当時でも懸念してた「チョイ玄人志向だと嫁さんのハードルは上がってしまうのか、結局スマホ中心になってしまうのが今の悩みです。」という部分が結果的には克服できず、沖縄での不便が決定打となり手放すことになりました。

望遠はトリミングで何とかなるものの、近くで撮る際の引きが不便で、その間にシャッターチャンスを逃すことがいくつかあり。。

そして旅行から帰ってきた翌日には毎回お世話になっているマップカメラにドナドナ。。最終的には購入額の8割くらいで買い取ってもらえたので、ここはもう割り切って勉強代ということにしときます。

カメラ吟味

こうと決めたら居ても立ってもいられないのが子供の頃からの性格。

 4年前に買い、半年前まで使っていたRX100がやはり使いやすかったということで、この「1インチコンデジ」と言われるカメラを中心にリサーチを開始。

いつもは貴重な読書タイムの通勤時間(往復1時間強)を使って、1週間ほど真剣リサーチタイムに。 

そして最終的には

 ・キャノン PowerShot G7 X Mark II

 ・ソニー RX100 M3

という約2択に絞りました。

 自分の中でのそれぞれにしかない強みは

キャノン G7X MarkⅡ
 ・100mmまでの望遠
 ・タッチ液晶
 ・出て間もない最新機種

ソニー RX100 M3
 ・ファインダー
 ・動画性能
 ・シンプルデザイン
 ・ロングセラー&自分が長らく使ってきた信頼/安定感

といったところでしょうか。

キャノンの方が出たばかりの機種&人を撮るならキャノンという巷の噂に以前から興味があったこともあり、やや心がキャノンに傾きつつ、いざヨドバシカメラで手にとって確認。

いつもなら、手に取っていじると大体、心は固まるんですが、今回ばかりは両者一歩も譲らない展開。

判明したのは以下の点。

  • デザインはやっぱりソニー。(キャノンはまとまってはいるものの、ゴチャつきがある)
  • タッチはやっぱり便利。
  • RX100のM3を買うのは、最近出たM5とどうしても比較してしまい、妥協した感が残る。。その点、G7Xは最新機種でちょうど値段も下がってきた頃のいい塩梅。

 この日はカタログを持ち帰り、ヨドバシカメラを後にしました。

問答無用でRX。

家に帰って早速相談。買うと決めたら誰も止められない性格を12年ほど間近で見てきた妻は、カメラのパンフレットを見ても少しも動じません(笑)

相談すると、結論は一瞬で「キャノン却下」、やはり今回は経緯が経緯なだけに、RX100への圧倒的な信頼感が他の全てのメリットを凌駕する結果に。

RX100に決まれば話は早く、M3一択かと思いきや、それならそれで再度M3〜M5で検討してみることに。

RX100 M4に決定!

M3、M4、M5、それぞれ併売していることもあってビミョーに違いがあります。

◯M5
出たばっかりでオートフォーカス性能がスゴい。・・けど、値段が高すぎてそこまでの価格差ほど高性能とは言い難い。

◯M4

1年前に出たM4はM3までと比較して、動画に強い。電子シャッター搭載、そしてファインダーがキレイというこれまた微妙なメリット。価格的にはあと少し出せばM5が買えそうという価格設定ですが、キャッシュバックキャンペーンで今なら8千円バック。

◯M3
さらに1年前に出たM3はRX100の完成形と巷で言われているだけあり、M2までとは違ってチルト液晶搭載、Wi-Fi完備、レンズ性能(ズームしてもF2.8という明るさ)なんかも十分。その上M4と比較しても更に2万円ほど安く、8000円キャッシュバックもあってコスパは最強。でも以前より値段が上がっていて実は発売当初とあまり変わらず、それが無性に悔しい。(それはそれでこのカメラのスゴさなんだけども。)

最新のM5買っておけば間違いなく後悔はないと思いつつも、M3が本命でしたがやはり2年前の機種を当時と同じ値段で買うのが悔しすぎ・・

そんな中、候補としてムクムクと上がってきたのがM4。M4はあまりにもM5と違いがない上に値段もあまり差がなかったので、日に日に価格は下落傾向。

型落ちとはいっても1年前のものなので、M3と比較しても見えない改善点も多いだろうと推測して店頭で触ると、気持ちやや早い反応で好感触です。

そして、いよいよ購入にヨドバシカメラに行くとなんと「タイムセール」の手書きのPOPがあるではないですか!

意を決して、値段を聞いてみると、なんと表示価格よりも15000円引きで且つポイントもしっかり10%つくとのことで、これは価格ドットコムより大幅に安い。

一応、いつもの癖で価格交渉してみるも、「これは世界一安い」とかわされてしまい、その価格でファイナルアンサー。これに加えて8000円のキャッシュバックもあるので、実質的にはX70のカメラを売った金額でソコソコまかなえました。

あらためて開封し、手に取った感想は「やっぱコンデジ最高」。
手のひらサイズで気軽に持ち出せ、それでいて一眼顔負けの表現で写真が撮れるのは何ともありがたいところです。

 

広告を非表示にする