読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燕三条カトラリー

MONO

f:id:d55:20160717150405j:image

いつか定住地が決まったら、カトラリーを揃えたいと思ってましたが、ようやく悲願が叶いました。

午前休みを取って、娘が居ぬ間に向かうは日本橋高島屋

半年前からリフォームなんかの合間にリサーチをちょいちょい重ね、こちらの店にいらっしゃるカトラリーマスターに惚れ込み、再度その方からのアドバイスを得て最終決定しようといざ乗り込みました。

メーカーはデンマーク王室御用達のカイボイスンと、とにかく傷がつきにくいスーパー700というラインナップがある、サクライの2社に概ね決めていました。両社とも、金属加工技術で世界的に有名なMade in 新潟県燕市デンマーク王室御用達でもちゃっかり新潟県で作ってますというくらい、信頼されている産地です。

少し特徴的な若い洒落たデザインのものと、デザインはオーソドックスでとことん機能的なものとそれぞれ揃え、気分に合わせて使い分けられるようにしてみました。

あとはサイズ。ディナースプーンやフォークは日本人の口のサイズ的に大きいとのことで、デザートスプーンとデザートフォークをメイン代わりに。そして本来のデザートスプーン代わりにティースプーンとケーキフォークを。加えてナイフももちろん一緒に。

カトラリーマスターの勧めもあり、実物を見て、サクライの方はディナースプーン・フォーク・ナイフを「ソーホー」という最もシンプルなライン、ティースプーンとケーキフォークを少しアクセントを加えたグッドデザイン賞の「ゼウス」をチョイスしてみました。

時期を逃せばまたなかなか買えなくなるしということで一気にそれぞれ4本ずつの計40本を大人買い。まとまるとカトラリーの買い物とは思えないほどのそれなりの金額となりましたが、ほぼ間違いなく一生ものとなり、毎日の楽しい食卓を飾る大事な一員となるものなのでということで、思い切っちゃいました。

40本のカトラリーは意外に重く、午後からの出社に持って行くよと言って会社に向かったものの、最寄り駅のコインロッカーに委ねていくことに。。

思い切った買い物でしたが、毎日使うもので気分は確実にアガるので間違いなく良い買い物でした。 大事にそしてガシガシと使っていきたいと思います。

広告を非表示にする