初プラレール博!

f:id:d55:20150111114903j:plain

ここ最近はドタバタで更新が大幅に遅れてしまいましたが、お正月翌週の三連休に、初めてのプラレール博に娘と行ってきました。

さぞかし人が多いだろうと朝早くから出発。ちょうど開場くらいには着くくらいの順調な滑り出しです。

南港に向かう中央線に乗り継ぐために本町駅で降りた時にあまりの人の量に唖然。。長蛇の列が階段まで続いています・・さすがにプラレールにここまで集客力はないだろと思いつつ、周囲を見渡すと何やらスーツケースを持った20代くらいの男女が多い感じ。構内に目を走らせると、「本日は混雑が予想されます」というポスターが。

それを見ると「コミケ」とやらが南港であるとのこと、この人の多さはどうやらそれが原因のよう。一本電車をスルーして次の電車でギリギリ着席。

コスモスクエアニュートラムに乗り継ぎますが、その乗り継ぎも大変。まさに押しくらまんじゅう状態。。そんなこんなで何とかプラレール博会場に到着し、テンションが高まります。

巨大ジオラマに感動。これでもかというくらいのプラレールに圧倒されます。プラレールの周りにもトミカや店なんかもギッシリと配置されていてなかなかのスケール。

モノレールのトミカが気に入った娘はひたすら眺めていました。電池がなくなるたびにスタッフの方が交換してくださいますが、モノレールが止まると「おねーーさーん、でんちかえてくださーい」と娘がアピール。結局、3回も替えてもらうくらいその場にずっといました、、

その間に人は続々と増えてきていて、プラレール釣りやゲームができる有料コーナーもどんどん行列が長くなっていました。その有料コーナーの一つに、「プラレール工房」というのがあり、自分たちオリジナルのプラレールを作ってもらえるというものがあり、そこが一番長い1時間待ち。

個人的には、娘と出かけた思い出として作りたい気持ちもありましたが、1時間も並んでグダグダになるよりも、思う存分好きに見たいものを見て帰るのがベストかなとスルーする気満々でしたが、娘の口から出てきたセリフは・・

プラレール作りたい!」

というわけで・・行列最後尾に合流。さすがに自分が待つと宣言しただけあって、脅威の忍耐力でグズりもせず、40分ほどで順番が。

まず初めにプラレールの運転席部分に貼るプリクラのような写真を撮影。「近寄って下さい」と言われたのもあり、恋人のようなプリクラ写真を撮影。近い将来、距離を置かれるであろう男親としては一生モンの宝にしたい写真になりました(笑)

そして、そのままの流れでお兄さんたちがプリクラを運転席に貼って窓をはめたり、車体を組み立てたりするところを見学。試運転して、はいどうぞ!という流れになります。娘はそれはそれは夢中で見て、もらったところで満面の笑み。待ったかいがありました。

それからもしばらくは巨大なプラレール(またもモノレール中心)を見学して、会場を後に。

ちょうどお昼時でもあったので、ATC内を散策し、娘のリクエストでモスバーガーでランチ。ここのモスバーガーはテラス席でも食べられるので、人の密集地で疲れた後のご飯としては最高でした。

さぁ後は帰るだけですが、ここからがまぁ大変な道のりでした。周辺のイベントの関係で帰りもまぁまぁの混雑度合い。ニュートラムを降りた直後に娘は力尽き、まさかの抱っこ。。。中央線に乗り換えた直後にすぐさま就寝、。

15キロの身体を抱えての立ちながらの電車移動。本町から御堂筋線に乗り換えましたが、またしても席は空いておらず御堂筋線でも終始立ちっぱなし。座っている皆さんがこんなにも羨ましいと思ったことは生涯ありませんでした。。

まさに腕が棒。。そして電車を降りて自転車に乗り移し、ホッとした瞬間にパチッと起床。。ズッコケそうになりました。そんなこんなの苦難の展開でしたが、家に帰ってプラレールで一生懸命遊ぶ子どもたちを見てるとあっという間に吹き飛びましたとさ。

広告を非表示にする