アレルギー騒動

妻が所用のため、2人の子供の世話を頼まれたある日の午前。

子供たちの朝ごはんの時間。
息子の離乳食も順調にすすんでいたので、この日は初めての鶏肉(ササミ)をごく少量。
娘は「パン?ごはん?」の問いになぜか「パンとごはんを食べる!」と言い、言い出したら聞かない三歳児、パンにご飯を乗せて食べるという凶行に。。

その後、お昼前に子供たちと共に妻を迎えにいくと、何だか息子が少し赤い。 肌が弱い子なので、擦れたりして赤くなったんじゃない!?とか自分の監督責任を問われつつ、ちゃんと見てたけどなぁ・・と腑に落ちません。

家に帰って、さぁ次の予定に出かけようかと息子の着替えをすると、、身体が真っ赤っか!これはアレルギーに違いないと急いで病院に駆けつけました。 お医者さんに診てもらいましたが、呼吸に異常はないとのこと、念のため血液検査でアレルギーテストをすることに。

数日後、結果を聞くと卵にアレルギー反応が。まだ卵は食べたことがなかったので、この前のアレルギー騒動はなんだったんだろう、、と迷宮入り。

お医者さんいわく、血液検査でアレルギーが出てもアレルギーじゃない可能性もあるし、逆にアレルギーが出なくてもアレルギーの場合もあるらしく・・じゃあこの検査は何なのかと謎は深まるばかり。

ネットで調べても大体はそんな感じで、卵は特に陽性に出やすいんだとか。かといってそれを避けるのではなくて、少しずつ食べさせることでアレルギーを防ぐというのが今の考え方なんだとか。

そんなこんなのアレルギー騒動。一度はストップしていた離乳食メニューの拡大も、これで再開していきたいと思います。

広告を非表示にする