吸引力の変わらない、ただひとつの”布団”掃除機

最近、ニュースで連日のように取り上げられる「消費増税前の駆け込み需要」。

このニュースを見るたびに、「慌てて買い込んでも結局無駄遣いになるだけ」と平静を装ってましたが、こんなにも毎日ニュースでしつこく言われると「何か買うべきでは・・?」と物欲がふつふつと沸き上がってくるのが人間というもの。

でも、家電製品なんかは結局、消費増税分よりも値崩れ分の方が大きいわけで、日用品なんかも3%の差はわずかなわけで(もちろんチリツモも大事だけど。)、引っ越しを近い将来予定している自分にとってはスペースを専有されるのもある意味ムダで気が進まない。

値崩れしないもので、且つこれから小さな家族と一緒に過ごし始める自分に必要となるものは・・と考えていた中で目に飛び込んできたのがこの記事

これや!と物欲に火がついたら止まらないのはいつもの話。

早速探し求めると・・世の中同じ考えの方がたくさんいるようで、相当な品薄状態&値上がり状態、。ようやく見つけて結局は、最安値の時よりも1,000円アップくらいで買ったので消費増税を考えるとトントンというところ、。

まぁ今週末から家族が戻ってくるのでタイミング的には早いに越したことはないので、在庫があったケーズデンキオンラインで購入!・・したものの、なかなか「商品手配」から進まずにイライラし、ふとAmazonを見ると在庫が復活しており、「すぐにお届けします」の文字があり尚且つさらに1000円安い!衝動的にワンクリックで購入し、ケーズデンキオンラインをキャンセル。(なぜかオンラインでキャンセルできず、電話でキャンセルという手間、、)

DYSON DC61motorhead DC61MH

DYSON DC61motorhead DC61MH

 翌日に到着し、さすがはAmazon。パッケージからマニュアルからなかなかワクワクする作りになっていて、且つ掃除機らしくないメカニカルでカッコいいデザインにどこかAppleを彷彿させます。

試しにフトンツールを使ってベッドに軽くかけてみると…絶句。

ホコリに謎のパウダーに髪の毛に。。どこから出てきた??と突っ込みたくなるほどのゴミがありました。知らぬが仏ではありますが、これを見てしまった以上、こまめにダイソンを使うことを決心しました。

気になる使い勝手ですが、レビューなんかにある重さ&音の大きさという点は個人的には全然問題なし。

 むしろ、えっこんなもん??って感じで全く気になりません。吸引力については文句なし。布団掃除と、車内掃除はこれ一択でしょう。

このハンディクリーナーにするか、どうせならこれを買って掃除機にも兼用するかとも考えました。

DYSON DC62motorhead DC62MH

DYSON DC62motorhead DC62MH

が、メンテナンスや吸い込み特性、コストパフォーマンスを考えると紙パックがいいと個人的には判断し、今回は布団用と割り切ってハンディクリーナーにしました。折をみて、紙パック掃除機の研究も始める予定です。(もはや消費増税とか関係なくなってるけど。。)

DYSON DC61motorhead DC61MH

DYSON DC61motorhead DC61MH

 

 

広告を非表示にする