読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぐそこにある絶景 ~湖南アルプス~

Everyday

 

滋賀にいる間に一度は登りたかった湖南アルプス。
前々から行こうとは思ってましたが、長野に行くには少し寒くなりはじめた今日この頃、気合をいれてようやく挑戦。

滋賀県は草津駅からバスでわずか25分弱の上桐生バス停から落ケ滝→鶏冠山→北峰縦走路出合→天狗岩→耳岩→白石峰→狛坂麿崖仏→上桐生という目安5時間・8.7kmのコース。

朝5時半に起きて始発のバスで出発。
バスは完全貸切のタクシー状態。

いよいよ出発!

立派な案内図が入り口にあるわけですが、人っ子一人いない登山道。
これまでみんなの後をついて行く登山がほとんどだった僕たちは迷う迷う。



まず上桐生から縦走路出合までは沢伝いに道を進み、ロープを駆使しながらいくつもの沢を越える、まさにここはアドベンチャー。
沢伝いの岩道

1時間ほど歩くと縦走路出合に到着し、湖南アルプス特有の風化した花崗岩の道をひたすら歩きます。
右側に絶景が広がり、ほんとに爽快。広がる琵琶湖、栗東の町並み(ほとんど田んぼですが・・)が眼下に広がります。


これまた1時間ほど歩くと、最高の絶景ポイント&休憩最適所とされている「天狗岩」に到着。
巨岩がゴロゴロしていて、絶妙なバランスで支え合ってます。



ロープに助けられながら、巨岩を登り抜き、天狗岩上に到着。


僕のカメラの腕ではなかなかこの感動を伝えることはできませんが、疲れが吹っ飛ぶ絶景でした。
少しガスっていましたが、近江富士、琵琶湖、比叡山まで一望できる絶好ポイント。
自分の住んでいる町をまるでミニチュアを見てるように見下ろすなんてことはなかなかできそうでできないもんです。

お決まりのお弁当タイムでおにぎりやゆで卵など持ってきたものを食べながらしばし時を忘れてぼんやり。
もちろん、ここも貸切状態で景色を独り占めできます。

心から大満足し、上でゆっくりしすぎたのもあって、途中で見つけた近道の誘惑に負けて白石峰→狛坂麿崖仏は断念し、そのまま終点に向かいます。

ただこの近道というやつがクセモノで、行き以上のアドベンチャー。
急勾配の岩場をロープだけを頼りにすべり落ちていきます。軍手必須。

何度か転びながらもようやく本来の林道に合流することができ、天狗岩から約2時間で上桐生バス停に到着。
わずか20分で再び草津駅に帰ってきました。

駅からすぐの別世界。朝から行けば午後一番には帰ってこれて、充実の一日を過ごすことができます。
滋賀県恐るべし。ますますこの町が好きになりました。

広告を非表示にする