読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アットホームな本格フレンチ


妻の誕生日ということで、知人のクチコミで評判の良かったこちらのお店でディナーをすることに。

はじめはランチをする予定でしたが、土日は一ヶ月先まで予約が一杯とのこと。なくなく諦めかけましたが、Webでのクチコミを読んでるうちにどうしても行きたくなってディナーで予約。
何とか日曜日の夜だけは空いてるとのことでした。

麩屋町御池を5分ほど上ると、右手にこじんまりとしたお店が見えてきます。
予約で一杯という看板が出ていたので、日曜の夜であっても予約は必須と思われます。

コースは当日のメニューを見て選ぶことができます。
リーズナブルなコースは肉or魚が選べるAコース(3900円)、肉と魚の両方がついてくるBコース(4900円)、メインがステーキのCコース(4500円)の三種類で、スペシャルコースという6000円~の豪華なコースも用意されており、様々な場面で使い分けができそうです。

本日はお店のオススメBコースを注文。この日の魚料理は黒むつで、肉料理は仔羊と牛が選べたので一つずつ注文。

アミューズはずわい蟹のフラン。さながらフレンチ風茶碗蒸しといった感じで、カニの甘さとミソの濃厚さがマッチして最高。この日は肌寒い日だったので何よりこの温かさが嬉しかったです。

前菜は、サーモンのヴァヴァロアブランダ-ドコンコンブルソースということでこれがまた斬新。サーモンで包まれたサーモンのババロアにスモークした鱈とヤマメの卵(黄金イクラ)、フランス風のマッシュポテト(魚のすり身+ガーリック風味)にキュウリのソースが添えられています。面白くて珍しい食材の組み合わせでしたが、これがまた美味しい。いろんな食感とさっぱりとした味わいがマッチしています。

続いてかぼちゃと松の実の冷製スープ。さっぱりうまい。

そして魚料理のクロムツ。サフランソースということでしたが、魚の味がしっかりと生かされています。ライスペーパーを三角に揚げたものの中に海老のすり身を詰めたものやアサリ、ラタトゥイユなどが豪勢に盛り付けられており目でも楽しませていただきました。

続いてのお肉料理の子羊は真空調理されているとのことで、ローストビーフのような仕上がり。羊特有の臭みはまったくなく、羊の美味しい風味だけが舌に残ります。ソースがまた美味しい。バジルソースとオリーブオイル風味のソースが飽きさせません。

そしてデザート。事前に誕生日とお伝えしていましたが、予想以上のおもてなしをして頂き、写真まで撮っていただけました。(しかも後日送っていただけるとのこと!)

このお店の何より素晴らしい点は、高級食材がふんだんに使われた、目と舌で楽しめる美味しい本格フレンチであるにも関わらず、気さくでアットホームなところ。
リーズナブルで肩肘張らずにくつろげる雰囲気で、マダムもいろいろと話しかけて下さりますし、料理のことも本当に丁寧に教えて下さります。

今日も、「おめでとうございます」、「ありがとうございます」という言葉を何回も頂戴し、帰り際も外まで見送って下さりました。
1ヶ月も予約がとれない人気ぶりに全く偉ぶることなく、おもてなしの心が十二分に溢れています。

特別な日だけでなく、ランチなどでも何度も足を運びたい、肩肘張らずにフレンチを愉しむことができる、とっておきのお店です。



広告を非表示にする