京都市長選



京都市長選。


17日に投開票ということで、昨日3日に公示されました。




12年ぶりの新人同士の争い。


前市教育長の門川大作氏(自民党、公明党、民主党府連、社民党府連推薦)


会社相談役の岡田登史彦氏


前京都市議の村山祥栄氏


弁護士の中村和雄氏(共産党推薦)


のいずれも無所属4人が立候補。




巷では門川氏VS中村氏の闘いだと言われてますが、ぼく個人的には村山氏を応援してます。


5年ほど前の市議選挙の時に頑張っていた頃から応援していた、ということもありますが、


彼の政治に懸ける姿勢に、「京都を任せてみたい。」としみじみ思います。




下記の著書からも彼の姿勢がひしひしと伝わってきます。


同和行政の見直しや不祥事の根絶、また2000人の市職員削減など、


彼なら何かをやってくれる、との期待を感じずにはいられません。




京都・同和「裏」行政──現役市会議員が見た「虚構」と「真実」 (講談社+α新書 380-1C)
村山 祥栄

おすすめ平均
stars命を懸けるその姿
stars役所の腐敗
stars体当たりの著者はえらい
stars久々このテーマ
stars前例なき新書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




「あきらめないことからしか政治は変わらない。絶対に山は動く。」 by村山祥栄


広告を非表示にする