55



セリーグも熱戦が続いてますが、メジャーも熾烈な首位争いしてます。


連休中もヤンキース戦は接戦ばかりでかなり楽しませてもらいました。


14.5ゲーム差からの大逆転劇。楽しみです。




隠してたわけでもなんでもないですが、


祖母の家が石川にあった関係で、松井が星稜高校にいたときからの大ファンです。


松井家の野球の館もオープン当時と改装後とメジャー以降で4回以上は行ってます。。


ホームランカードも第1号から100号くらいまではコンプリートしてます。


フィギュアもたくさんもってます。


ちなみにメアドも松井の背番号です。(はてなのIDも。。)




まぁどれくらいファンなのかはどうでもいいとして、


どこらへんを尊敬しているかをふと考えていたら、こんな記事を見つけたわけです。






松井100打点大台よりチーム愛…イチローとは対照的(夕刊フジ) - goo ニュース



「100打点というのは一つの目安ではありますけど、それを目標にやっているわけではない。シーズン中に自分の数字をどうこう思うことはないですね。シーズンが終わってから反省はしますけど。100打点というのは、周りが評価してくれるのなら、それに越したことはない」


 松井としては、あくまでもチームの勝利が最優先。イチローが「200安打は周りを納得させるために必要な数字」と言い切っているのとは対照的だ。





決して否定しているわけではなく、イチローにとってはチームがチャンピオンになることよりも自分が活躍して認められることの方が大事なんだと思います。


それはFA権を取得してもマリナーズに残ったことからもそう言えるんじゃあないかと思うわけです。


おそらく、松井が巨人→ヤンキースと、勝つことが当たり前とされている球団で何度も勝利・優勝という経験をしてきたことが大きいんでしょう。勝つことの喜びを知っているからこその野球観なんだろうと思います。




そんな松井に悲願のワールドチャンピオンを取ってほしい。


シーズン最後までファンとして見届けるばかりです。


広告を非表示にする