至福のとき



昨日の名所・観光スポットに引き続いて、本日は「ホテル編」。


◆節約ホテル


1泊目は那覇市内観光をしていたので東横インで3000円/1人の節約プラン。


東横インおもろまちというところでしたが、これがなかなか。


出張でよくビジネスホテルを利用しますが、断然こっちの方がよし。


風呂もきれいでベットもでかい。


1階ではネットが使い放題で印刷なんかも可。観光にはありがたいです。


そしてなんと朝飯が無料。油みそのおにぎりがうまかったです。


那覇で泊まるときはぜひお薦めします!




◆ラグジュアリーホテル


2泊目以降は「オキナワ マリオットリゾート&スパ」に連泊しました。


言わずと知れたマリオットグループ。有名なところでいくとリッツカールトンなんかもマリオットグループのホテルブランドの一つです。


(脱線して蘊蓄を語ると、リッツカールトン大阪は阪神電車の子会社が経営しています。運営はリッツカールトンに委託しているため、サービスや方針はもちろんリッツカールトン流です。当然社員もリッツカールトンが採用しますが、採用先は阪神電鉄の子会社『阪神ホテルシステムズ』ということになります。//脱線終わり)




そして2005年に日本国内初として誕生したマリオットブランドのハイクラス・リゾートが、このオキナワ・マリオットリゾート&スパになるというわけです。




泊まった感想はさすがの一言。


部屋に入った時は思わずテンションが上がっちまいました。




まばゆいほどに磨き上げられたフローリング!、


一面のガラスから見渡すオーシャンビュー!、


ガラス張りのシャワールーム!?


ローションから裁縫セットまでもが揃う豊富なアメニティ!、


気の利いたお掃除!、


1泊目に泊まったホテルのダブルベットよりも大きいベッド!、


海を見渡すように設置されたソファ!、




書きつくせないほどの「!」があり、ただ過ごすだけでも癒されるまさにリゾートと呼ぶにふさわしいホテルでした。


連泊しましたが、TVっ子の僕たちが結局1度も液晶TVビエラをスイッチONすることがなかったことに気づいた時は我ながらびっくりでした。




施設もなかなか。


スパがあったり、屋内プール・ガーデンプール(全長170m!)があったり、ジムがあったり、プライベートビーチがあったりとたぶん1日中いても飽きないと思います。


f:id:daichi-55:20070910174230j:image




ロビーもこのとおり、開放感でいっぱい。


出かけた後に帰ってくるのも楽しいホテルでした。


f:id:daichi-55:20070909161858j:image




朝食ビュッフェも楽しく、ついつい皿が山盛りに・・。


目の前で作ってくれるチーズオムレツやパンケーキも最高でした。




不満点を挙げるとすれば、ショップかなというくらいです。


ロビー階に3店舗ほどショップがあるのですが、イマイチです。


もう少しニーズを捉えてほしいところです。




マリオットのちょうど向かいに「ブセナテラス」という沖縄イチの最高級リゾートがあるのですが、来年はこちらにチャレンジできればな・・と思いつつ、それに見合ったデキリーマンになるためにせっせと働きます。


広告を非表示にする