大増税




今月の給料、もうそろそろという方も、昨日給料日だったという方もいるかと思います。




まぁとにかく明細見てください。今月は「住民税」の欄をじーっと見てください。


そんでもって先月の明細と比べてください。




いやぁあいた口がふさがらないとはまさにこのこと。


人によってそれぞれかと思いますが、ぼくの場合は4倍になってました・・・


周りの人もまぁ似たようなもんで


昨日の職場は10分くらい日本国への悪口が渦巻いてました(笑)




日本国は「所得税が1月から減税されているのでトータルでは変わりません」と


そちらこちらで吹いていますが、そんなこたぁありません。騙されたらいけません。


※そもそもなぜ住民税が増税で所得税が減税されたかというと、地方へ税源を委譲させるためです。




所得税が下がったのは確かですが、どんなに大きく見積もっても


トータルではものすごくマイナスなのが現実です。


それは給料明細が悲しく物語ってます。




そのからくりについて、調べ上げました。


個人の税負担は 「変わらない」 というのは、あくまでも昨年と今年の所得が


変わらないことが大前提で、その前提が少しでも狂うと大幅に増加する場合があるということ。




「所得税」は今年の所得をもとに、「住民税」は前年の所得をもとに計算されるというのは有名な話です。




ということは、今年、所得が減った人は所得税の減額分は少ないのに、


住民税は前年の所得をもとにして計算されるので、増額分は、かなり大きくなるということになります。




その現実をもとに、よーく考えてみると・・・


ぼくの場合は、去年までは現場のSEとして残業代をガッポリ稼いでいたわけですが、


今年の異動で統括系の仕事になったので残業も数える程になり、収入が大きく減りました。


(だからこそ、実家からすぐ出るつもりが未だお世話になっているわけで・・・)




さらに、 「定率減税」が全廃になって、扶養家族がいないと、


たとえば年収600万円以上で年10万以上になります。




そりゃぁ所得が減るわけか。


給料日翌日、ボーナス直前というサラリーマン的には最高のシーズンですが、何とも物悲しい話でした。



広告を非表示にする