読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラッカーを読んでみた。Part2

BOOK



今日もドラッカーの本から気にいった言葉を。


今回は第2章「成果能力」という章からのピックアップです。











「成果をあげる者は、社会にとって不可欠な存在である。同時に、成果をあげることは、新入社員であろうと中堅社員であろうと、本人にとって自己実現の前提である。」




「成果をあげることは一つの習慣である。実践的な能力の積み重ねである。実践的な能力は、習得することができる。それは単純である。あきれるほどに単純である。」




成果によって給料やボーナスが変わってしまう今日この頃。


けど、特にSEなんて仕事をしている自分にとっては


成果っていうのはなかなか見えづらい。


営業職と違って、数字で判断できるわけでなく、


かといってIT技術が高けりゃいいわけでもない。




そういった中で、成果について考えたりしてると、


どうしても才能とかセンスって思ってしまうんですよね。




そんな考えに釘を刺してくれるのがこの言葉。


まず、成果をあげることは社会人にとって大前提であると。


そしてそれをあげることは実践的な能力の積み重ねであると。




なるほど。


成果をあげるっていうところからスタートしたらダメなんですね。


今、自分は何をすべきか。何ができるのか。


それを考えて、実現するためのスキルをつけていくなり、


周囲を巻き込むことで、確実に達成させる。




よく考えたら、それこそがまさに成果。


そんなことに気づかせられました。




つい先日、こちらでの最後の仕事となるであろう、


大きな仕事を受注することができました。


半年以上前からの提案が実を結んだ形になりました。




いっちょここで成果っていうやつをあげて、


2年間の集大成としたい、そう考えてます。



広告を非表示にする