ドラッカーを読んでみた。




最近は「絶対○○できる方法」とか「△△力をつける」とか

俗にいう攻略本的な自己啓発本ばかりに

手がいっていたので、これからは哲学系を制覇していきたいと

思ってます。

こういう本(哲学)のいいところは

筆者の言葉を自分の状況に置き換えて、

自分はどうなのかとか、自分はどうするべきかと

頭を使えるところです。

攻略本系って、使えるようで実はあんまり使えません。

無理やりその方法に合わせているだけのような感じで

人のやり方をまねしたところで三日坊主がええとこです。

哲学系だと重みが違います。かつ自分で解釈できる余地があります。

自分で一生懸命考えながら読むわけです。

そこで、まずはドラッカーを読んでみました。










仕事の哲学
仕事の哲学

P・F・ドラッカー 上田 惇生

おすすめ平均



stars

名言7000から200を選別したもの。

stars

時代の変化に負けない個人へのエールがいっぱい

stars

考えること

stars

金言・至言の宝箱

stars

ドラッカーを日常の視点で理解するにはよい本

Amazonで詳しく見る

byG-Tools

今日は第1章―成長―より

気に入った言葉を紹介します。

「予期せぬ成功を追及する」

自らの成長につながる最も効果的な方法は、自らの予期せぬ成功を見つけ、

その予期せぬ成功を追求することである。

ところがほとんどの人が、問題にばかり気をとられ、成功の証を無視する。

この前のプロジェクト、うまくいかんかったな。

時間管理できてなかったな、

工程漏れがあって当日に対処しなあかん問題多すぎたな、

そんな風に問題ばかりに気をとられるわけです。

もちろん、問題を反省することで、

たとえば今の例からだと、管理表を作って

共有しようとかいった対策が生まれてくる。

でもそれは成長への近道では決してないんですね。

それよりも、そのプロジェクトで自分が認められた部分、

褒められた部分を伸ばしていくほうが

自信につながり、それがゆるぎない強みになる。

それこそが成長。

そんな風に解釈してみました。

どんどん哲学系にチャレンジしていこうと思います。

おもしろい本は本棚(http://booklog.jp/users/da1chi-55)に

入れていくので、本を買う時にはご参考に。。

広告を非表示にする