石垣の旅・3日目

今日はいろんな島に向かう日。

まずは石垣島西表島由布島に向かいます
由布島へは西表島から水牛に乗って海を渡ります。

水牛乗りのおっちゃんは三線を引きながら島の唄を謡ったり楽しい話をしながら島に連れていってくれます。

牛が立ちどまったときは脱糞の合図。たっぷりのお返しが車内に返ってきます。。

そして目的地へ。由布島は島全体が熱帯植物園になってるはずですが、30年ぶりの大きな台風が通りすぎたあとの由布島は島全体が台風資料館でした。。

そして次は竹富島に向かいます。竹富島は今もまだ沖縄の原風景がそのまま残っている島。 島全体が国の保護指定がかかっていて立て直すのにも新しい家を立てるにもまちなみを合わせないといけないというわけです

まず向かったのがコンドイビーチ。この景色は声を失います。雲一つない空に、紛れもなく白い砂浜に、エメラルドグリーンの海。

遠浅の海は遥か遠くに見える水平線まで歩いていけそうな、そんな感じがするわけです。泳いだり遊んだりぽけーっと景色を見ているだけで時間だけがゆっくりと過ぎていきます 

次に向かうは水牛車。水牛車に乗ってゆったりとまちなみを巡っていきます。歩くよりも遅い速さですがガイドさんの話を聞いたり三線の音色をききながら楽しい時間を過ごしました。

竹富島はまさにスローライフの極み。ゆったりと何もかもを忘れ去ってただただロハスな時間を過ごせます 。

次はここに泊まるのもありかなぁなんて思います。

帰ると次は石垣島のメインストリートへお土産を買いに行きます

ベタな箱づめのお菓子やパイナップル、いろいろとかいまくって夕食へ。

ガイドブックに載っているとある沖縄そばに行きました。味噌風味がめずらしくそこそこおいしかったです。

しかしガイドブックに載っている店っていうのはなんか観光客に慣れてしまってスレているというかイマイチな接客の店が多い。

いくら一回きりのお客さんばかりだと分かっていても、こちらが「食堂」に求めるものを理解してほしいというのはこちらのエゴなんだろうか。。

今夜は最終日ということもあり、洗濯したり片付けをしたりこれまで撮ったビデオを見たりしているうちに気付いたら眠っており

夜中の3時に慌てて放置した洗濯物を取りに行くことになっちまいました・・

この旅、毎日知らん間に寝てしまっててまともに布団をかぶって寝た日は1日もありません。。

広告を非表示にする